尼崎市の不用品回収、尼崎市内のゴミ回収・処分なら清菱にお任せください。

よくある質問

よくある質問

一般廃棄物について

家庭から出るごみと、会社やお店から出るごみに違いはありますか?
家庭から出るごみは主にお住まいの市区町村で回収されます。
会社やお店から出るごみは「事業系廃棄物」と呼ばれています。「事業系廃棄物」は市区町村では回収されません。
弊社のような回収業者は「事業系廃棄物」を回収しております。
「排出者責任」とはなんのことでしょうか?
ごみを捨てる際、ごみを捨てた人には捨てたごみに対する責任があります。
このことを排出者責任と言います。
ごみの回収をお願いしたいのですが、どういうふうに申し込めばいいのでしょうか?
弊社とご契約いただいているお客様は、前日の17時までにご連絡いただければ翌日に回収させていただきます。
弊社のご利用が初めてのお客様は、弊社営業より回収のお打ち合わせをさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。
事業系ごみの回収方法、料金体系などが知りたいです。
まず、回収方法は、お客様の排出されるごみの種類や量に応じて対応いたします。
弊社営業より打ち合わせをさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。 料金体系ですが、ごみの種類や量に応じて変わりますので、一度お話をお伺いさせていただきます。
引っ越しごみなど家庭から出た粗大ごみを回収してほしいのですが、可能ですか?
また、料金はいくらくらいかかるのでしょうか。
通常、家庭から出る粗大ごみは市区町村が回収いたします。お住まいの市区町村にお問い合わせください。
捨てたいものが重い。市区町村の回収では間に合わないなど、市区町村の回収方法では対応できない場合には、弊社にご連絡ください。行政側ではできないきめ細やかな対応をお約束いたします。
料金ですが、お荷物の大きさや作業によって変動しますので、回収の手順なども含め、ぜひ一度お話にお伺いさせてください。詳細な見積もりをさせていただきます。
私は80代の一人暮らしです。
先日、タンスを捨てるため役所に連絡したのですが、直接家の中にまで回収には行けないといわれました。一人ではとても運べません。このような場合、民間の業者さんでも回収していただけると聞いたのですが可能でしょうか?また、その場合いくらくらいかかるのでしょうか。
室内からの運び出しなど、市区町村ではできないような回収方法も可能です。
お荷物の大きさや作業によって料金が変わりますので、回収の手順なども含め、ぜひ一度お話にお伺いさせてください。詳細な見積もりをさせていただきます。
一人暮らしの祖父が亡くなり、部屋の物を一式処分でお願いできますか?
まとめずにそのままの状態で処分できるのでしょうか?
弊社が収集運搬の許可を受理している地域であれば回収、処分は可能です。一室丸ごとでもそのまま回収させていただきます。
搬出経路等、確認が必要なことから、回収、処分にあたりましては当方でお見積もりをさせていただきます。一度お話にお伺いさせていただき、詳細な見積もりをさせていただきます。
粗大ごみで、回収してもらえないものはありますか?
粉末状、液状の物や、消火器やボンベのようなものは回収できません。
それ以外の物であれば回収できます。

産業廃棄物について

企業からでる産業廃棄物ってどんなものですか?

廃棄物指定はあらゆる事業にて指定されていますが、一般企業から排出される産業廃棄物として、主に以下のようになっています。

【企業から排出される産業廃棄物】
・金属くず(電線・ドラム缶 など)
・廃プラスチック類(容器包装材・発泡スチロールなど)
・動植物性残渣(食品加工くずなど)
・廃油(食用廃油)
・汚泥(浄化槽・排水溝 ※し尿が混合するものを除く)

などです。
廃棄物処理法によって20種類の産業廃棄物が定められています。

産業廃棄物はどのように処分すればよいのですか?
処分許可を得た産業廃棄物処理業者へ処理を委託して下さい。 産業廃棄物は、排出事業者が自ら処理しなければなりませんが(例えば、燃やしたり埋めたりすることが考えられますが、こうした行為は許可を受けた施設でないとできません)
実際のところ、自ら処理することは難しいことから都道府県知事等より許可を得た産業廃棄物処理業者へ処理を委託することになります。
廃棄物処理業者との委託契約ってどういう契約ですか?
必ず契約書面での契約が必要です。
産業廃棄物を廃棄物処理業者に委託するときは、「書面による委託契約を締結すること」が法律で定められています。委託契約書は、決められた場所から廃棄物を回収し、決められた場所で適正に処理をするという「約束」を文書にしています。
マニフェストとはなんですか?
マニフェストとは、廃棄物処理の流れを確認する伝票のことです。
産業廃棄物の収集運搬・処分を処理業者に委託する場合、排出のつど、処分先ごとに「マニフェスト」を交付することが義務付けられています。「運搬」→「中間処理」→「最終処分」といったそれぞれの段階ごとに、適正に業務を完了したかどうかを確認するために必要な伝票で、一定期間の保管も義務付けられています。
ページの先頭へ